消費者金融の金利っていくらなのかしら……

消費者金融でお金を借りたら、その金額だけを返済すればいいというわけではありません。借りたら当然利子が発生します。その利子がどのくらいになるのかを定めたのが、「金利」ですよね。
その貸付利息の上限は、利息制限法で決定されているといわれています。そこでは、15-20%に定めてられていますが、実際のところ、罰則がないのです。
一方、出資法という法律では29.2%以上と定められており、こちらは違反すれば、罰せられます。
この差は「グレーゾーン」と呼ばれ、利用者が納得して任意で払った金利でなければ返還を請求できることになっています。こうした場合には、過払いとして、弁護士などに委託して返還請求するケースもあります。最近ではこのような弁護士のCMもよくテレビで放送されていますよね。
しかし、業者によっては、時効を主張したり、また借金など、できれば人に知られたくないという、理由などから、泣き寝入りせざるを得ない人もいるようです。
金利の利率は各消費者金融によって、異なります。審査が通りやすく、簡単にお金を貸してくれるところは、それだけ金利も高いと考えた方がよいでしょう。また、延滞利息などもあり、借りた金額によっては利子だけ支払うのにも、大変になってしまうこともあります。
消費者金融を利用する際には、事前にその会社のシステムなどもよく確認した上でのご利用をお勧めします。せっかくお金を借りるのですから、「借金地獄」なんてものにはハマりたくはないものです。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

土日に即日融資を申込む

土日に急にお金が必要になったときでも、キャッシングを利用すれば平日以外の土日でもすぐにお金を引き出せます。
キャッシングは土日でも即日融資の審査をおこなっているので、土曜日や日曜日の朝申し込みをするとその日のうちにお金を借りることができ、土日に即日融資を申込んで月曜日に返済すれば金利は銀行手数料より少なくて済む場合があります。
キャッシング会社の審査時間はそれぞれの会社で違いが有るので審査時間を調べておき、申込を済ませて審査に通ればすぐに振込をしてもらえます。
ただ土日は銀行の営業時間外になるので一般の銀行口座への振込はできませんが、事前に提携銀行やネット銀行に口座を持っていればいつでも振込が可能です。
土日に即日融資を受ける方法として、インターネットから申込を済ませ、仮審査まで終わらせておき、近くの店舗窓口か無人契約機へ行き本審査を受けます。
本審査では運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類が必要になるので事前に準備して持っていき本審査を受けます。
審査に通ればカードの発行をしてもらえるのでカードを使って備え付けのATMや提携コンビニATMからお金を引き出せます。
たとえば即日融資で土曜日に金利18.0%で5万円を借り、月曜日に全額返済すると金利はわずか74円になり、銀行の時間外手数料よりも安く利用できます。
またカードは年会費も金利も不要なので、カードを1まい作っておけばいざというとき、あわてることなく対処できます。

Posted in 消費者金融 | Tagged | Leave a comment

消費者金融のキャッシングはコンビニで借り入れも返済もできる

人目を気にする学生は借り入れも返済もどこで行うのか気になるところでしょう。
消費者金融は借り入れも返済も人に見られることなく行える方法がそろっています。
当然それは大手消費者金融に限られます。
プロミスやアイフルやアコムなどがその大手となっています。
どんな利用方法があるのかご紹介しましょう。
・振込による借り入れ
・インターネットバンキングからの返済
・コンビニATMからの借り入れと返済
・消費者金融の専用ATMからの借り入れと返済
・本人の銀行口座からの振り込みによる返済
・自動引き落としによる返済
これだけは最低限でも用意されています。
借り入れは頻繁に行うことは借金に苦しむことも考えられますので控えなくてはなりません。
ところが返済はどうでしょうか。
一回の借り入れにたいした複数回の返済をしなければならないものです。
人に知られない返済方法も考えておきましょう。
例えばこんな利用方法があります。
普段の返済は口座からの自動引き落としを利用して、アルバイトの給料が入ったり余裕ができたときにはコンビニATMやインターネットバンキングを使って返済をするという方法です。
コンビニATMはご存知の通りさまざまな銀行の提携ATMとなっています。
そのため、消費者金融を使っていると知られることはないでしょう。
また学生は毎日のように何らかの理由があってコンビニに立ち寄る機会が多いものです。
その時についでの利用ができるのは便利になるはずです。

Posted in 消費者金融 | Tagged | Leave a comment